リサイクルとリメイク


日々何気なく分別しているゴミですが、何のために分別しているのか日々の生活の中で忘れてしまいがちです。

改めて何のために分別しているのか再認識してもらえるきっかけになればうれしく思います。





--------------------------------------------------------------------------------------------

リサイクルできるゴミについて

--------------------------------------------------------------------------------------------

・段ボールや雑誌、新聞紙などは資源回収によって段ボールや印刷用紙などにリサイクルされます。

・紙パックはトイレットペーパーやティッシュペーパーなど生活するうえでなくてはならない消耗品に、ペットボトルは繊維や成形品、ごみ袋、リサイクルペットボトルなどたくさんの製品にリサイクルされます。

・アルミ缶は自動車や家電、モーターなど、

・衣類も生地を再利用した衣料品などが近年では話題となっています。


こうしてみるとほとんどのゴミが再利用できることがわかります。

安易に可燃ごみとして捨ててしまわずにしっかりと分別することが大切です。




--------------------------------------------------------------------------------------------

処分する場合の費用

--------------------------------------------------------------------------------------------

衣類の処分費用相場

①可燃ごみに出す:ゴミ袋1枚約40円

②譲る、寄付する:0円

③リサイクルショップへ持ち込む:0円

④フリマアプリなどに出品:販売手数料約10%

⑤衣類回収ボックスなどの利用:0円

⑥不用品回収業者を利用:回収量などにより変動



処分費用が発生するような処分方法よりは循環型の②~⑤などがおすすめです。自分が不要なものでも他の方には輝いて見える製品かもしれません。新たな資源を使って製品を作るよりも、「譲る」という形で製品を手にしてもらえるということは「渡し手」「受け手」「地球環境」そのすべてにとって良い影響となるでしょう。


--------------------------------------------------------------------------------------------

リメイクで再び輝く

--------------------------------------------------------------------------------------------

2000年代、自分で洋服にアレンジを加えるリメイクが若者たちの間で流行しました。

自分の個性を表現する手段、ファッションとして、製品にひと手間加えるリメイクが若者たちを熱くさせたのです。当時は今ほど環境問題が懸念されていなかったのですが、知らず知らずのうちに当時の若者たちはゴミ問題に取り組んでいたのですね。


毛皮製品などもリメイクが可能です。親が昔着ていた毛皮のコートは今の流行とは程遠いシルエットで着用が難しいでしょう。しかし状態が良ければマフラー、バッグ、チャームなどの製品にリメイクすることができます。リメイクに費用は発生しますが良いものを長く使うということは個人にとっても環境にとっても有意義なことなので選択肢の一つにしてみてはいかかでしょうか。



--------------------------------------------------------------------------------------------

まとめ

--------------------------------------------------------------------------------------------

焼却処分や埋め立て処分は再利用できる資源を二度と使えなくしてしまうだけかもしれません。再利用、リサイクルできるように最低限、ごみの分別をしっかりと行うことが重要です。また購入時に処分のことを考えて購入することも環境のためには必要なことです。不要になったものは「リサイクルできるか」「譲れる状態か」「寄付できるものか」を見極めましょう。出来る限りゴミを出さないような行動をとることが大切です。

皆さんのお宅にタンスの肥やしになっている毛皮のコートはありませんか?高木ミンクでリメイク品として再出発させてあげてください。



お問い合わせはコチラ

https://www.tgv.jp/contact


その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post