レザーバッグ購入時のお手入れ












購入したら何もせず、すぐに使っていませんか? 質の良い革製品を購入しても、お店で購入したばかりの革の状態は乾燥していて、革特有のツヤはまだありません。そのまま使っていくと、シワやひび割れを起こしてしまいますよ! 最初にきちんとお手入れをしておくと、今後使用するときに汚れやキズが付きにくくなります。

  1. 柔らかい馬毛のブラシでやさしくブラッシングし、最初に付いているホコリをサッと落とします。

  2. 次にオイルクリームを塗ってツヤを出していきます。初めて使う際にはバッグの底などの目立たない場所から塗っていくことをオススメします。 量は付けすぎるとシミになるので1円玉くらいの少量でOK!柔らかい布で全体に薄く伸ばして馴染むまでそのまま待ちます。鞄は服と密着するので、色移りを防ぐためにも無色のオイルを使用して下さい。

  3. 最後に、バッグから20~30cmほど離して防水スプレーをかけます。防水スプレーには汚れを防ぐ効果もあり、大切なバッグを守ってくれますよ。注意して頂きたいのは防水スプレーの種類。 「シリコン系」と「フッ素系」の2種類があり、一般的に革製品に使う場合は「フッ素系」が多いですが、爬虫類の革など、種類によっては変色する恐れもあります。 バッグやスプレーに記載されている注意書きをよく読み、オイルと同様に、目立たないバッグの底などに使用してから全体にお使いください。

使い始めの1年間は、これらのお手入れを月1回くらいのペースでおこないましょう。



その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post