モラレスパイソン


■モラレスパイソン(和名:ビルマニシキヘビ)

全身に石垣の様な不規則な図形模様があり、その個性的な模様はヨーロッパを中心に人気があります。沖縄の蛇皮線はこの革が使用されています。

生息地は、アジア熱帯地方に分布していて、一般的にオス蛇よりメス蛇の方が大きいと言われています。

ダイヤモンドパイソンは綺麗な模様を持ちますが、モラレス・パイソンは怖いような、おどろおどろしい模様が特徴です。



その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post