ムートンの保管方法



<保管方法>

短期・長期にかかわらず収納の前には陰干ししブラッシングした後、直射日光の当たらない湿気の少ない場所にムートンを保管してください。ウールの繊維が呼吸できなくなる可能性がありますので、ビニール袋に入れての長期保管はしないようにお願い致します。 防虫剤を使用する場合はティッシュなどに包み、直接ムートンに薬剤が触れないようご注意下さい。

<クリーニング>

ムートンの風合いを保つため、上記のような日頃のお手入れだけでなく、定期的なクリーニングをお薦め致します。 弊社でご購入頂いたムートン製品は、ムートン専用の機械でドライクリーニング処理をおこないます。ご希望によっては、ムートンの部分的なパーツ交換などのメンテナンスも可能です。ご希望の内容に応じてお見積り致しますので、お気軽にご相談下さい。



その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post