アパレルとファッションについて


アパレルとファッションは似たような意味でつかわれることが多いですが実際は明確に区別されています。しっかり把握して、間違いのないように使い分けましょう。






---------------------------------------------------------------------------------------------

アパレルとは

---------------------------------------------------------------------------------------------

アパレル(apparel)という言葉は英語ですが、フランス語の「appreiller(服を着せる)」という言葉が由来となっています。そして、現在では、主に、布から作った既製服のことを指す言葉として、用いられています。したがって、布を使わない雑貨などは、アパレルには含まれないということになります。例えば、腕時計や靴、アクセサリーなどは、アパレルには含まれません。



---------------------------------------------------------------------------------------------

ファッションとは

---------------------------------------------------------------------------------------------

ファッション(fashion)という言葉は、英語では「流行」という意味です。したがって、ファッションという言葉は、服装だけではなく、髪形やメイク、アクセサリーなども含めた、スタイル全般を指す言葉となります。ちなみに、スタイリストやメイクアップアーティストなどの仕事も、ファッション業界に含まれます。



---------------------------------------------------------------------------------------------

「アパレル」と「ファッション」の意味合いの違い

---------------------------------------------------------------------------------------------

・アパレルは、ビジネスの意味合いが強い

一般的に、「アパレル」は、ビジネスの意味合いが強いと言われています。アパレルという言葉は、既製服のほかにも、衣料品産業全般を指すときにも用いられる言葉です。したがって、「アパレル業界」という言葉は、基本的には、既製服のビジネスにかかわる業界全般を指す言葉ということになります。


・ファッションは、創造的な意味合いが強い

一般的に、「ファッション」は、創造的な意味合いが強いと言われています。ファッションという言葉は、表現者や発信者など、クリエイティブな視点も含めた言葉であると考えることができます。したがって、ファッションは、文化的・創造的な意味合いが強いとされているのです。また、ファッションは、「ライフスタイル」の一種であるととらえることもできるでしょう。





その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。 https://www.tgv.jp/column-post