リス


ヨーロッパからアジアの北部森林帯に広く分布するキタリスの毛皮は、中世ヨーロッパで珍重され、富や権力の象徴でした。現在でもロシアを中心に、ヨーロッパで多く使用されています。


リスの毛は短く、非常に軽く柔らかいのが特徴です。軽い素材であることから、コートの表地のほか、ライナーにも使われています。グレードの高いものは毛が密で、ブルーグレーの背部とホワイトの腹部が鮮明です。


小動物ですが、立派な尾を持ち、尾の毛はフェイスブラシなど化粧用の筆に活用されています。

その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post