環境に優しい天然素材


みなさんお肉を食べるのは好きですか? 革は、食用の肉を採ったあとの副産物として生産されているんです。 お肉を食べ続ける限り皮も産出し続けます。 使用しなければ廃棄されるだけですので、余すことなく利用することは環境にとって大切なことだと言えます。

革は大事に扱えば、使い込むほどに色が変化し表面にツヤが出て、柔らかく肌になじむようになります。寿命が短い合成皮革を使うよりも、長く使えるうえに魅力的です。 革だけでなく毛皮も、石油から作られる化学製品と違い土にかえる天然素材なので、廃棄される際も有害な物質が出ず環境に優しいのです。



毛皮の活用にあたっては無駄に使うことはなく、捨てるところはないと言っても過言ではありません。小さなパーツも、繋ぎ合わせて布状の毛皮の生地に仕立て直したりします。 「最後まで使い切ること」が出来ることが魅力です。

エコの輪、みんなで広げましょう
















その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post