リンクスキャット


リンクスキャットは北米からメキシコ中部にかけて分布するヤマネコの一種です。


世界三大毛皮のひとつ「リンクス」とは名前だけでなく斑点模様なども似ていますが、別の生き物です。現在ではリンクスよりもリンクスキャットの方がより高級なものとなっています。


リンクスよりも小型で毛量も少ないのですが、毛足が短いため斑点模様がより鮮明に見えるのが特徴で、腹部の毛皮の方がより貴重なものとされています。


手触りは非常にシルキーでやわらかく、人々を魅了しています。

その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post