チキャンラム


チキャンラムについて

チキャンラムはラム種の中でも価値の高い毛皮とされています。


チキアンラムと呼ばれることもあるようですが

正式名称は「チキャンラム」です。

参照:毛皮の種類 一般社団法人日本毛皮協会



英語ではChekiang lambと書きます。

Chekiangを日本語に翻訳すると「浙江」となり浙江省の子羊という意味になります。

中国の浙江省で主に生産されているのでそのような名前がついています。




チキャンラムの毛皮の特長

毛足は2~3cmとラムの中では短毛ですが、ゆるやかなウェーブ状の毛は光沢感があり、シルキーで柔らか、肌触りの良い特徴があります。

見た目はウェーブの違いなどランダムで個性的な表情を見せてくれます。

皮は薄く毛のボリュームも少ないですが、肌触りが良いチキャンラムはベストやライナーなど厚みを抑えたい製品に仕立てられることが多く

ファッションアイテムに必要な素材として優秀な特徴を持っています。



その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post