アフリカトカゲ


■アフリカトカゲ(和名:ナイルオオトカゲ)

リングマークトカゲと同じくサイズも大きく利用価値が大です。はんもん模様は小さな点状のため、大きな特徴とはなりません。その為、多くは模様を除去した仕上になっています。


 ナイル川の流域から南アフリカにかけて広く生息しています。

皮の主な輸出先はヨーロッパ方面でフランス、イタリアなどが中心でハンドバッグ、靴、ベルト、小物の素材として使用されています。



その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post