クロコダイルとアリゲーターの違い


ワニは大きく分けると『クロコダイル』と『アリゲーター』の2つに分けられます。

2種の見分け方には以下のような見分け方があります。

『上から頭を見た時』

・クロコダイルは、とがっているように見える

・アリゲーターは、丸みが買ったように見える


『クチを閉じた状態で横から見たとき』

・クロコダイルは、下のアゴの歯が牙のように出ている

・アリゲーターは、歯が見えない


『歩き方』

・クロコダイルは、お腹を地面に付けずに、体を持ち上げるようにして歩きます

・アリゲーターは、お腹を地面にくっつけて歩きます。


もし遭遇したときはこれらの方法で見分けてみてください。



そして実際に製品になってしまうと色や斑紋で見分けるのは難しくなります。

簡単に見分けるには、『斑紋と斑紋の間を見ることです。』

・クロコダイルは、くっきりとしたシワが何本も入っている

・アリゲーターは、シワが少なめで凹凸が少ないもの

と言われています。



その他の記事、毛皮・レザー・繊維・お手入れなどはこちらをご覧ください。

https://www.tgv.jp/column-post


高木ミンク ロゴ

株式会社高木ミンク

〒503-1304 岐阜県養老郡養老町飯田1372

TEL:0584-34-1311 / FAX:0584-34-1312

Twitter_Social_Icon_Circle_Color.png

高木ミンク

​アメーバブログ

Copyright© TAKAGI MINK Inc.