事業案内
Our Products

毛皮事業

モノづくりをしている会社だからこそ企業としての夢がかたちになることを私たちは誰もが知っています。
企業として存在する意義、それぞれが自分の役割を理解し、努力する。
この生きた組織が高木ミンクの未来にとって理想的であり、大いなる力です。
ひとつひとつの製品に、ひと縫いひと縫いの縫製に、ひとつひとつの梱包に・・・
私たちの想いを込めてお届けいたします。

原皮の加工・縫製の工程は、私たちのモノづくりの姿勢が最も凝縮さていた部分と言えます。
「価値のあるものを提供する」という揺るぎないこだわりと、誇り。
熟練の技術者たちの「クラフトマンシップ」が当社には息づいています。

毛皮の製造工程

  1. 企画・デザイン

    デザイナーがブランドごとの商品のイメージ・アイデアを出し、パタンナーと意見を共有します。

    生地や縫製工場の選択、コストも考えながら、デザイナーのイメージを出来る限り実現させ、お客様が身に付けたときに美しく見えるシルエットが表現できるよう、協力して練り上げていきます。

    企画・デザイン
  2. 原料/板張り

    お客様に満足していただける商品をお届けするために世界中から原材料を調達しています。

    調達された原材料の中から、イメージに合った原皮を一枚一枚選び、裁断しやすくするために板張りを行います。

    原料/板張り
  3. 裁断/縫製

    企画部で作成したパターンをもとに、毛皮や裏地を裁断します。

    また、裁断された毛皮は職人が、色合いや形などのバランスを合わせながら裏地と縫い合わせ、商品として仕上げていきます。

    裁断/縫製 裁断/縫製
  4. 検品

    出来上がった商品をひとつひとつ丁寧にチェックし、お客様にご満足いただける商品かどうか、厳しく検査を実施しています。

    検品
  5. 出荷

    海外および国内で生産された商品すべてに検針を実施し、梱包後に出荷します。

    出荷は商品づくりの最後の工程であり、商品の製造に携わった人の努力や想いとともに、大切な商品をお客様へお届けします。

    出荷
ページの上部へ